Rock'in Rumble ~独断と偏見で音楽をおススメる~

pikarockの主観による音楽紹介。たまにゲーム関連とかあるかも…

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: その他の音楽   Tags: ギター  クラシック  カデンツァ  木村大  

THE CADENZA 17 - 木村大

今日も元気に更新すんぞー。
世の中色々あるけれど、挫けないんだぜ!
なんのこっちゃわからんがオススメいこうか!

本日の一枚はコレ
 THE CADENZA 17 - 木村大

クラシック音楽からご紹介。
当時17歳の木村大が世に放ったアルバム。
今から15年程前に聴いて衝撃を受けた一枚なんですよ。
ただ「クラシックギターの事語れんのかよ?」って言われると、
「100%不可能」としか言えないpikarockです。
だけど紹介したかったんやもん… ええやんか…。

※括弧内は作曲者名
01. ムーンタン Moontan (Andrew York)

02. イン・ソロウズ・ウェイク In Sorrow's Wake (Andrew York)

03. ウェイティング・フォー・ドーン Waiting for Dawn (Andrew York)

04. サンバースト Sunburst (Andrew York)

05. 練習曲第11番 Etude No. 11 (Heitor Villa-Lobos)

06. カデンツァ(~ギター協奏曲) Cadenza from Guitar concerto (Heitor Villa-Lobos)

07. 練習曲第12番 Etude no. 12 (Heitor Villa-Lobos)

08. タンゴ・アン・スカイ Tango en skaï (Roland Dyens)

09. 過ぎ去りしトレモロ El ultimo tremolo (Agustín Barrios Mangoré)


 大聖堂 La catedral (Agustín Barrios Mangoré)
10. 1 プレルディオ(サウダーデ) I. Preludio saudade

11. 2 アンダンテ・レリジオーソ II. Andante religioso

12. 3 アレグロ・ソレムネ III. Allegro solemne


 コユンババ Koyunbaba (Carlo Domeniconi)
13. 1 モデラート I. Moderato

14. 2 モッソ II. Mosso

15. 3 カンタービレ III. Cantabile

16. 4 プレスト IV. Presto


いやー 疲れたわ。
今回のタイトルリストめっちゃ頑張った…。
CD付属の冊子と、CDタイトル、ネットと睨めっこしながら書いたんだぜ…。
まぁそれは置いといて。
んじゃさっそくいこうかね。

まずは#01.ムーンタンから。
当時TVなどのメディアでよく演奏していた曲で、
「THE CADENZA 17」で一番知名度が高い曲なんじゃないかと思います。
アメリカのギタリストA・ヨークが木村のために書き上げた曲。
木村に渡された譜面には『enjoy』と書かれていたそうで、
彼自身とても楽しんで弾いているように感じられました。
ライトハンドをつかってハネたリズムを表現したり、
音の減衰を上手く使って情緒を表現したりと、
まさに「音を楽しむ」音楽という言葉そのものな曲だなぁってなりますよ。
当時17歳の男の子に、現在31歳のpikarockは本気で憧れます。

次は#04. サンバーストを取り上げます。
こちらもA・ヨーク作の楽曲。
サンバーストとは雲間から照りつける太陽の光の事を意味しています。
タイトルそのままに、乾いたカラッとしたイメージの曲で、
「これぞギター」といった感じの演奏が印象的ですね。
真夏に、木陰に座りながら、
遠くで雲間から差し込む光を眺めたくなる。
そんな曲ですな。

#07. タンゴ・アン・スカイもご紹介。
皆さんの頭にある、
タンゴ=なんか情熱的
というイメージそのままに情熱的な曲。
しかしこの曲は、
それ以上に「流れの踊り子」的な哀愁がすごい漂っていると思いませんか?
それがツボでした。 えへへ

過ぎ去りしトレモロは叙情的の極みみたいな曲。
タイトルのトレモロとは、「同じ音を連続して小刻みに演奏法」で、
エレキギターの世界でもトレモロピッキングってのがありますよね。
全体にわたってトレモロな曲で、
悲しさ、寂しさといった叙情的な要素を思う存分詰め込んだような曲だと思います。

続く大聖堂1~3とコユンババ1~4も本当に好きな曲なんですが、
どう頑張ってみてもpikarockには紹介する言葉が出てきませんでした。
こういう組曲的な作品について、pikarockは語る言葉を持ちません。
無責任にレビューするのもなーって事で今回はやめときました。
ただピックアップした曲よりも聞いた回数が多い曲もあるので、
是非是非みなさまも聴いてみておくんなまし~。

というわけで、
「THE CADENZA 17」のレビューいかがでしたか?
聴く人によって色々と受け取り方も違うでしょうし、
またそれが音楽の素晴らしいところですな。 うんうん。

最後に、
このアルバムの冊子を読んでいて印象的な言葉がありました。

僕の夢はギターを聴く人、弾く人を増やすこと。
じっくり時間をかけて──

出来損ないギタリスト…
というかただのギター好きのpikarockも
「ほんと、そうなるといいなぁ」って思います。
単純に楽しいものな。
初めての人は出来なくて当たり前なんだし、
失敗すら楽しんで弾ければ最高ぜよ。

あいあい、なんだか珍しく格好つけた所で、
そろそろお開きな!

ではでは皆様
次回まで ばいちゃ☆
スポンサーサイト

テーマ : クラシック    ジャンル : 音楽
11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

月別アーカイブ
プロフィール

pikarock

Author:pikarock
関西のとある田舎のとあるヘタれギタリスト
そんなpikarockのブログ

FC2カウンター
おきてがみ
ブログランキング
お気に召したのであれば
是非クリックしてやってくださいな。
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。