覇者の塔 31階(ボスステージ) 攻略

「また会ったな」

はいどーももんぴかです。
前記事からの続き、覇者の塔31階攻略でございます。
今回はボスステージのみの攻略・解説になりますので、
それまでが気になる方は前記事に行ってらっしゃいませでございます。
では早速…

ボス1
hasya31 (6) 

イヤイヤ阿修羅さん… 埋まってるますやん…
なんていう感想はさておき
ボスステージ全てで注意するのは上画像にて
阿修羅左上ですごく自己主張している「1」です。
1ターン目に早速白爆発をはなってくるので、
HPが余りなかったり不安だったりな方は1ターン目は阿修羅への攻撃を控えましょう。
このステージも雑魚の一番長いターンは白爆発ですので、そこを注意しつつ立ち回る必要があります。
個人的には…
①上部のギャラクシーを倒す
②阿修羅とブロックの間でゴツゴツして阿修羅を倒す
③残ったハンシャインを倒す
といった手順を基に、危なくなったらハンシャインを倒す事を頭に浮かべて戦うのが良いと思うですのー雑魚ステージでは「ひよこになるのをあまり恐れずに~」などと言っていましたが、
ボスステージではその辺りは多少ナーバスになりつつ落ち着いて立ち回るのが吉であると思います。
阿修羅の頭の上に入っていくときは言うまでもなくブロックの判定に気を付けてくださいね。

ボス2
hasya31 (7) 

さてこのステージだけはセットになっているモンスター同士が蘇生をしません。
なので雑魚を全滅させてから阿修羅を叩いていくのが基本になると思います。
*時間がたてば阿修羅が雑魚を全蘇生させます

両サイドの壁に数字がある事にお気づきですか?
これが0になる度にこの数字の場所に吸い寄せられます。
ですので吸い寄せられた位置から阿修羅に効果的にダメージを出す術が必要となります。
①雑魚を倒す
②吸い寄せられた位置から倒す
書き出すと案外少ないですね。
画像のバアルの位置が吸い寄せられた大体の位置ですので、そこから阿修羅にダメージを出すルートを書いていきますね。
*雑魚せん滅後のスクショを取り忘れたので雑魚の上にラインを書いています。
見辛いですがご容赦ください。

hasya31 (7)2 

右側が非ひよこ状態の場合、左側がひよこ状態の場合です。
今のバアルの状態で上に入ろうとした場合、ちょくちょく阿修羅にマッチしますが、
あまりダメージは出ないイメージがあります。
ですので私はマッチしない様に気を付けつつ頭の上に入るようにしています。

ボス3(ラストステージ)

hasya31 (8) 
阿修羅がブロックに挟まれているステージ。
このステージも前ステージ同様雑魚を先にせん滅すると余裕をもって立ち回れるかと思います。
個人的には
①雑魚を倒す
②ひよこ状態を全員解除
③SS連発
この流れを意識しながら立ち回ると安定度はかなり高くなるんじゃないかなと思っています。
自強化タイプのSSを持ったモンスターが居る場合はさらに安心です。

前ステージ同様、このステージでは上下の壁にある数字でその場所に吸い寄せられます。
と、いうわけで雑魚処理後に吸い寄せられた位置からのルートを載せておきますね。

hasya31 (8)2 

下が非ひよこ状態、上がひよこ状態です。
まぁ単純に魔法陣を3回踏むか2回踏むかの違いだけですね(笑
画像はかなり大雑把に書いていますのでそこは注意してください。
自強化タイプのSSを使ってもうすこし薄めの角度で弾くといつか勝手に入ってくれて大ダメージが出るのですごい楽になります。

はい、めでたくクリア~

とまぁこんな感じで色々つらつらと書いてまいりましたがいかがでしたでしょうか?
多少は誰かの助けになったなら書いた意味があったなぁと思いますが、所詮は自己満足なので気にしないでください!
あと記事で書いたラインはすべて大雑把に書いております。
画像の通りにはじいたからと言って入るとは限りませんのでその部分はご了承くださいね。
「自分がプレイする際のイメージの補助」程度に考えて頂ければいいかと…。

ではでは皆様 次の記事は何を書くか決めていませんがまた会いましょう!
良いモンストライフを…!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
プロフィール

もんぴか

Author:もんぴか
運極数110体以上 ランク250以上
爆絶超絶未クリア無
でも大して上手じゃないストライカー

FC2カウンター
リンク
ブログランキング
お気に召したのであれば
是非クリックしてやってくださいな。
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: