Rock'in Rumble ~独断と偏見で音楽をおススメる~

pikarockの主観による音楽紹介。たまにゲーム関連とかあるかも…

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 洋楽(アルバム)  

Light Me Up - The Pretty Reckless

うぃっすうぃっす。
どーもpikarockです。
いやー紛うことなく梅雨ですなぁ…
ジメジメ感をふっとばす一枚をご紹介していけたら幸いです。

本日の一枚はコレ
 Light Me Up - The Pretty Reckless

こちらのアルバムは、
女優&モデルの「テイラー・モンセン」がリーダーの『The Pretty Reckless』が2010年に発表したアルバム。
デビュー作であるが、これ以降アルバムが発売されていないので、
現状、The Pretty Reckless唯一のアルバムです。(2014.6 現在)
オルタナティブロックとか、ポストグランジなんてカテゴライズされてますね。
今回はそんなLight Me Upを紹介してまいりますぜよ。
まずはいつものごとくリストね…

01, My Medicine (Single Version)

02, Since You're Gone

03, Make Me Wanna Die

04, Light Me Up

05, Just Tonight

06, Miss Nothing

07, Going Down

08, Nothing Left to Lose

09, Factory Girl

10, You

---以下は日本盤ボーナストラック---

11, Zombie

12, Make Me Wanna Die (Acoustic Version)

13, Far from Never (Demo Version)

こーんな感じになっとります。
んじゃまぁサクサクっとオススメしていきまっしょい!

まずはMy Medicineから。
この曲はゆったりとしたテンポの妖しいロックと言いましょうか。
グランジってやつですよね、この感じ。
妖しさ溢れるギターリフと、気だるい感じのボーカルが良い味だしていますね。
ボーカルの地声と裏声の対比もGOOD!
シンプルな構成なんで、1曲目として十分な働きをしていると思います。

続くSince you're goneでは、その特徴的な声を思う存分発揮しています。
好き嫌いの分かれる声質かもしれませんが、
雰囲気もあり、pikarock的には中々なボーカルだなーって。

Make Me Wanna Dieはシングル曲ですね。
さすがシングルといった貫禄。
ダークサイドな感情のこもったボーカルと、
それを盛り上げるミドルテンポでハードな演奏の素敵な組み合わせ。
ボーカルの声を生かした曲を作った作曲者に脱帽ですね。
重厚でダークな雰囲気とは裏腹に、
普段ハードロックを聞かない人でも聴けるポップさも持ち合わせているので安心ですな。

pikarockはJust Tonightが一番好きなんですよ。
アコギのストロークがメインの静かな立ち上がりから、
バンドパートになるスローバラードの曲。
感情的なボーカルをよく歌い上げています。
サビ前のブレイクは厭味がなくサビを盛り上げてくれますね。
イメージは壁にもたれてうなだれてるイメージ(笑

Miss Nothingはアップテンポなロック。
なんだかサビのメロディが不思議な感じ。
ブレイクを多用した演奏でメリハリを利かせまくってますね。
ここまでのダークな感じは幾分消えた感じで、
このLight Me Upではかなり爽やかな楽曲となっています。

Nothing Left to Loseはスタッフロールが流れてきそうな曲。
ラストでもよかったんじゃないかなぁって思います。
そんなこんなで物悲しさというか、一抹の寂しさを感じさせるミドルテンポのバラード。
…うん。
何階聞いてもエンディングっぽい。

次のFactory Girlは80~90年代の香りがする、
どこか懐かしいロックンロール。
特徴的なリフのギターが現代的なせいで、
懐かしさと新しさの同梱された、ある意味で楽しい楽曲になっております。
ミドルテンポのこのノリを気に入ったら抜け出すのは難しいかも・・・?

Youを聴いて思う事…、
「Nothing Left to Loseよりもエンディング曲しちゃってて納得」です。
Nothing Left to Loseがエンディングっぽく感じられるのは、pikarock的にはどうしても捨てられない事なんで、
聴くたびにエンディングだなぁって思うんですよ。
でもエンディングのこのYouを聴くと、「あぁこれだわ…」って結局思わされるんですよね。
アコギとヴァイオリン?の伴奏に、これまでとは少し雰囲気の違うボーカルの組み合わせ。
ダークってわけじゃない、ほんのりとした寂しさを投げかけるような、
そんな雰囲気の曲です。

うし、ここまで!
日本盤ボーナストラックは聴いてないからレビューできひん!
だからそこは、日本盤を買った人が確かめてみてくれぃ。
日本と違って、女優やモデルがボーカルなのにもかかわらず、
片手間っぽさがない、しっかりとしたバンドだと思います。
pikarockがオススメしようかどうしようかっていう判断基準の、
「キャッチーでそのジャンルを聴いた事がない人でも聴きやすそう」
っていう部分をしっかりとクリアしているので、
ほらそこのアナタも一度聴いてみませんか??

と、良い感じのところですな。
記事を書いてるうちに雨もやんだぜよ。
どこかに出かけるか…
それとも最近またハマりだしたMHP3するか…
それは俺のみぞ知る…(意味分からん
意味分からんからそろそろ終了します!

それでは皆様
次回まで ばいちゃ☆
関連記事

テーマ : おすすめ音楽♪    ジャンル : 音楽
Comment

Trackback
11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

月別アーカイブ
プロフィール

pikarock

Author:pikarock
関西のとある田舎のとあるヘタれギタリスト
そんなpikarockのブログ

FC2カウンター
おきてがみ
ブログランキング
お気に召したのであれば
是非クリックしてやってくださいな。
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。